ブログ Blog

大事な大事なご案内♪

東北出張のご報告も終わり、翌週に訪問した関西行脚のご報告

(といってもそれから半月経ってしまってますが・・・)
をしなければならないのですが、その前に今日はご案内を。
既にtwitterFacebookやらなんやらで情報をご存じの方もいらっしゃる
と思いますが、全国の福祉施設の素敵雑貨ばかりを集めて掲載している本、
その名も福祉施設発!こんなにかわいい雑貨本」が出来ました!!
なんともストレートなネーミングですがその中身は充実です。
ページをちらっとご紹介
ほとんどマジェルカでも扱った事がある(ている)奴らがいます。
こちらは私もまだ見た事無いモノ達がいっぱい。
この本、伊藤さんと太田さんという素敵で面白い女性2人が作りました。
企画当初マジェルカにも相談に来て下さり様々な情報交換もさせてもらいました。
取材も受けました。
商品もお貸し出ししました。
でもその時は「ホントに出来あがるのかな?」なんて意地悪な事もチラッと思ったり
もしていましたがやっちまいました!
なんとも素敵じゃないですか。
そしてマジェルカも掲載!
マジェルカが全国の福祉施設の素敵グッズを集めて販売する場で、この本はそんなグッズを
紹介している本という事になります。
マジェルでも販売しなければ!
という事で届きました。
マジェルカに大量に届いた雑貨本とマジェルカの女性スタッフです。
ウソです(-。-)y-゜゜゜(でもスタッフほしいです・・・)
西日本出版社さんの事務所に届いた本を前にニヤニヤしている太田さんです。
こんなにたくさんではありませんがマジェルカにも届いてます。
雑貨好きの女子はもちろんですが、モノ作りをしている施設さんにとってはバイブル
ともいえるのでは!?
近くで買えない方はこのフォームで直接注文するも良いし、アマゾンでも販売しとります。

さて、PRばかりになってしまいますが、先日ご案内させて頂いたワークショップ。

その後あまり参加者が集まりません・・・

 

内容?
それともチラシ?
はたまた私のせい?
チラシも内容もいまさら変えられないので説明を今日あらためて。
(私は頑張って当日までに少し変わる事にします!?)

ちなみにこれは是非やりたい内容なので、集まるまでこれからもしつこく
告知します! ( ̄‥ ̄)=3
そもそもワールドカフェ方式って馴染みのない方にはナンなんだ!?って話ですよね。
ワールド・カフェとは、“カフェ”にいるようなリラックスした雰囲気のなか、参加者が少人数に分かれたテーブルで自由に対話を行い、ときどき他のテーブルとメンバーをシャッフルしながら話し合いを発展させていくこと。相互理解を深め、集合知を創出していく組織開発の手法です。(簡単なんでまんまWeb上から拝借・・・)
ふむふむ・・・
という事で、私たちが講師として話をして皆さんがそれをただ座って聞くというような
従来良くあるセミナーなどではなく、今回は参加型のワークショップです。
そこでは、障害を抱えた利用者さんが働く事の意味や、それに対する職員や施設の役割
そして意味、といった事をグループ内の同じような立場の方、又は違う立場の方(今回は
我々もそうです)と意見を出し合い、皆さんで考えます。
ズバリ!の答え自体はこの場では出ません(たぶん)。
その答えを見つける前段階といえる、何か新たな「気づき」をここで一つでも得て持ち帰
って頂く事で各自がその答えを見つける為の力になれればと考えています。
またここでなぜそんなワークショップをするのかという事をあらためて・・・
主にB型事業所に対してですが、工賃向上だの販路の拡大だのというモノを求める声が
高まっています。
少し前までは工賃倍増5カ年計画なんてバカげたモノもありました。そしてその結果の検証も
そこそこに今度はなし崩し的に工賃向上計画という行政目標に姿を変えた中、それを達成する為、あるいはやってますよという見せかけの為に引き続き様々な支援事業が行われている
ようです。
その中でもよく耳にするのは色々な知識やノウハウを教えるレクチャーやセミナー。
少しづつ(特に現場側は)変わってきてはいるようですがまだまだそんなセミナーが多いの
かなと。(少なくとも今まではそれが主流だったようです。)
いわゆるマーケティングであったり、デザインであったりはたまたお菓子の製造方法で
あったりナンであったりカンであったり・・・
それはそれで必要というかあってもイイと思います。
でも・・・
方法を学ぶ前に、そもそも工賃UPを目指す事の意味というのをどれだけの方が理解というか
咀嚼して腹に落ちているのでしょうか?
利用者さんにとっての意味は?
またその家族にとっての意味は?
そして、最終的にはそれに関わる職員である自分自身にとっての意味とは?
そんな意味を自分なりにしっかりと理解し納得した上でいざ方法や理論を身に着けようと
考えている方というのはどれ位いるの?
ノウハウや方法論さえ学べば何かが大きく変わると思ってないですか?
それらを使ってなす事の意味を自分なりに理解し納得出来ていなければ
学ぶ事は出来ても身につける事は出来ない。
身につかないから使えない。
使えないから当然結果も出せない。
民間企業の場合なら「目指せ売上アップ!」の号令に対していちいち「何の為に?」
なんて聞く人はいません。
わかりますよね?
でも福祉事業所の場合はそうはいきません。なぜなら工賃を稼ぐ事そのものが目的では
ないはずだから。
でも、だったらなんで工賃アップを目指すのですか?
やれって言われるから?
笑わせないで下さい!
「工賃アップの為」
・・・それは答えではありません。
何の為に工賃アップを目指すのか。
それによって何を得られるのか。
このワークショップをきっかけにもう一度じっくりと考えてみませんか?
申込みお待ちしています♪
一覧へ

支援者募集中

一般社団法人マジェルカでは、日々の活動を支えてくださる
支援者を募集しております。