予告!

こんばんは。

今日はマジェルカでもとうとう暖房をつけてしまいました。
もしかしてこういう路面の開け放した小さなお店では、冬には店内にいても
外と同様に上着を着ないといけないのでしょうか?
ちょっと今からビビりながらアラジンストーブを買おうか迷っている私です。
今日は2点のご連絡!
来週11/1(月)から11/3(水)までマジェルカはお休み致します。
岡山・広島・山口へちょっくら出張に行ってきます。個人的にはどうせ行くなら
直島や倉敷などなど行きたい所が山ほどありますが観光は一切無しです
戻ったら報告するじゃけんね!
もう一つは
戻ってきた11/4(金)から11/10(木)までの一週間の展示内容のご案内です。
以前このブログでもご紹介したお隣のグリーンショップの「.moss(ドットモス)」さん
とのプチコラボ展示です。
とても評判の「京都なづな学園」さんの優しくて味わい深い“花の絵葉書”
がまたたくさん届きました
素敵・・・
そんなある日、ヒマさえあれば油を売りに行ってる.mossさんでこれら絵葉書
の素材になっているヒペリカムを初めて目にすることになります
あら!お宅には柿やアケビの盆栽も置いてるじゃないのさ!
灯台もと暗しですね。
(どうでもいいですが私は「灯台もと暗し」と聞くとどうしても「大正デモクラシー」を連想します・・・みなさんはいかが?)
そう、素敵なモノを更に素敵化するにはどうすればいいかを考えたくなる私としては
「だったら・・・ねぇ」
「えぇ、なんでぇ?」
「ぢゃぁいいじゃんか・・・」
みたいな感じで半ば強引に人の良い.mossオーナーの清水さんの店内に花の絵葉書を飾って
もらうOKを頂きました。
(嘘です、とても快くご了解頂きました)
早速このあいだの休みの日に展示用の什器も作ってしまいましたよ、私って奴は!
そして乗り気になった.mossさんからも提案が。
これまた京都からですが、マジェルカのオシャレ担当!-style(エクスクラメーションスタイル)
の花器類に多肉植物がぴったりじゃないかと。
これまた素敵・・・
よし!さらに素敵化しましょう!
試しに一つだけ多肉ちゃんを入れて飾って置いていたら早速かわいこちゃんが買って
くれましたうふふっ
実際にこの鉢たちがもつプリミティブさ満載の魅力。それには原始的な雰囲気の多肉植物
が本当にピッタリあうんです。
さすが植物のプロです、清水さん!
それにしてもこの鉢たち、よくある、それこそホームセンターにあるようなただの素焼きの鉢
とは違います。
丁寧には作ってる、だけど整い過ぎていないという手仕事品の良さがよく出ています。
そう、作る上でも必要以上に綺麗に整えて作る必要がないんです!
これって障がいのある方が作るプロダクトとしてはとてもよく考えらえれていて、ケースに
よっては、ともすればマイナスになってしまいかねない要素を完全にプラスの要素に転化
して成功している数少ない例だと思います。
全く同じモノは無いけれど一点ものではない、均質な量産品ではないけれど作家作品では
ない。
私が大好きな、いわゆる「無名の工人が作る生活の品」といわれる“民藝”に通じる部分が
あると思ってるのは私だけでしょうか?
そんな製品がマジェルカには他にもたくさんあるんですよ。

コメントに返信