支援?

昨日は休みだったのでノンビリと起き出して、というより前日に愉快ですごい人達とかなり遅くまで飲んでいたので起きられず、起きてからも家で昼近くまでダラダラと過ごしてから昼食がてら外出。

向かった先はマジェルカでもおなじみ(?)クラフト工房ラ・まのさん。

町田という場所にあるラ・まのへは我が家からだと車で30分程度で行けてしまいます。
近い事もあって染色や手織り、刺繍といったモノ作りをしているラ・まのさんへは今までもたまに直接お邪魔して、その時そこにあるモノの中からセレクトして仕入れさせてもらっていました。
また、こちらでは山の中にある築100年近くになる民家を工房にして活動しているのですが、その場が好きなのでちょくちょくお邪魔しているというのもあります。
あとはちょっとご相談したいこともあったりして。

おかげでちょっといいモノ入りましたよ♪

そして今回は先日お知らせしたTシャツも引き取ってきました^_^

商品の準備をして頂いている間、ちょっと庭に出てブラブラしていると、メンバーさんが
帰る時間になっていたので送迎車に向かう人、バスで帰る人、皆さん三三五五出て行きます。
ひとしきり皆居なくなったのに、さっきから玄関で一人待っていた体の小さな女の子の
(という表現をしたくなりましたが正しくは女の子ではなく女性ですね)利用者さんの元に
体の大きな利用者の男の子(やはりこちらも正しくは男性)が「お待たせ~っ!」と体と
同じくとても大きな声で登場。

眺めていると彼が彼女の手を引いて歩いて帰って行きました。
おそらく帰る方向が同じなので一緒に帰るのでしょうかね。

その時ふと、前日にマジェルカを訪ねてこられた、ある福祉事業所の若いリーダーの方
との会話を思い出しました。

「利用者さんというのは職員の側が支援していると考えているほど支援されているという
感覚はあるものなのでしょうか?」と私。

それに対してその方は
「いいえ、そんなに思っていないと思いますよ。見ていても彼らはよっぽど自立していて
自分たちの事は自分たちでやっていますよ。」
と。

これには当然個人差もあるし、色んな見方や意見もあるかと思います。

そもそも何故そんな会話になったかというと、
福祉の現場で日々行われている支援という名の活動は一体誰の為なのかという話から。

彼の為と言いながらも本当は自分の為であったりする場合もないのか、と。

であれば自分の為でもある事を理解し意識するべきでは、と。

彼ら障害者がいるお蔭で自分たちの働く場、生きる場も得られているとも言えるのでは、と。

こんな言い方が正しいのかわかりませんが“生かし、生かされている”といえないのか、と。

(これは障害者と直接向かい合う現場で支援に関わる方だけではなくて、私も一種その
立場とも言われていますが、施設や職員を外部からフォローするような役割を担っている
中間支援と呼ばれる者たちにも同じ事だと思っています)

そんなこんながあった翌日の今日、マジェルカに一通の手紙が届きました。

手紙の主は先日遠路はるばるマジェルカに来てくれた施設職員の方。

でもある思いから近々辞めてしまわれるというお話でした。

手紙には、
障害のある彼らに教えられる事はたくさんあるけれど、自分が逆に教える事が出来る事は
ないと。
そしてそんな自分の「支援員」という肩書に息苦しさを感じていたと。

でも、マジェルカに来て私と色々な話をしているうちに、もっと自分でもやれる事はあった
のかもしれないと感じ、辞める事を少し後悔しているというような事も

その事業所がどんな考えの元にどんな活動をしているのか、利用者さんとの関わり方が
どうなのかも、そのお手紙の主さんがそこでどのような事をされていたのかも詳しくは
知りません。
もちろん辞めてしまうことが良かったのか、辞めないべきだったのかも言えません。

でも、彼らに生かされていると感じられるそんな彼女だからこそ出来る支援はあったの
かもしれません。

支援ってなんなんでしょう・・・

彼女の手紙にはこうも書かれていました。
「困っている相手に手を差し伸べるのに障害の有無は関係ないのではないか・・・」と。

きっとまた別の新しいフィールドで活躍してくれればいいとは思います。

おやすみなさい。

8件のコメント

  1. ココロ

    私は千葉県在住のココロです私は軽い知的障害と精神障害を持っています私は運がよく自立支援法になる前に障害者雇用で児童デイサービスのお仕事を8年働いています私は8年デイサービスのお仕事をしていく中で私は実際今の仕事では生活には満足しておりません
    そんな中8年社会と向き合い福祉と向き合い障害者の人と向き合ってみて私が感じた事は兼ねてからやりたいと思った事がありますそれは障害のある人たちと一緒に働く場所を作り上げる雑貨店をオープンさせたいと言う夢を仕事をしてみて感じました障害者に工賃でわなくきちんと時給に還元できる職場を作る事一般のお店と換わらない作りで両者さんが作った商品を売ったり他の事業所さんの商品を売るやみんなで営業に行ったりといろんな事をするお店を作りたいと今年からがんばって動いています障害者のみんなだって働けるんだと言う職場をもっともっと世の中にできるといいと思うし福祉に社会貢献したい人達に県などからお金を貸してもらえる制度ももう少しあると便利じゃないかな障害者の人たちが自分で稼いだお金で物を買う喜びができるように当事者の私が動きたいなと心に刻みました

  2. 納豆ポーチの著者

    まだ?
    パンツが 神隠しに遭うの?
    原因は 判ったの?
             PS
    しまさんへ 作品完成しました
    PMC3は まだだけど リキの似顔絵作品だけ 先に送りますね
    リキのネームプレートは似顔絵~だいたい
    来年の円周率までには 贈れると思われます

  3. majerca

    ココロさん、とてもていねいなコメントありがとうございました。
    新しい事を始めるのは大変ですよね。
    障害をもっているならなおさら大変だと思いますが
    それでも前に進もうとしているココロさん、心からすごいと思います。私ももっと頑張らなければ!という気持ちになりました。
    ありがとうございます!
    是非いつかマジェルカにも遊びに来て下さい。
    そして色々お話を聞かせて下さい。

  4. majerca

    納豆ポーチの作者=フタミン こんにちは。
    パンツってtwitterでつぶやいてた件だね・・・
    お陰様で(?)見つかりました。
    ただの私の不注意です(-_-;)
    しまさんへの連絡はここ使わなくてももう直接出来るんじゃなかったかい?

  5. しま

    ふたみさん。ありがとうございます◎
    確かに・・ここでコメントやりとりするのは、便利やね(笑)
    また改めて電話します。
    しまより

  6. くにおはん

    はじめまして。
    私は神戸で障がい者施設で勤務する者です。
    私は利用者さんに「支援している。」という感覚はあまりなくて、「自分が成長させてもらった見返りとして彼らの生活していくには足りない部分をサポートする。」という感覚を持っています。
    そもそも「支援」という言葉はあまり好きではありません。というか障がいを持っているという理由だけで、特定の場所にまとまって生活しているという状況はまともじゃないと感じています。
    私も近々何らかの形で「マイノリティと社会」を繋ぐということを具現化するために準備中です。
    これからのマジェルカさんの活躍に注目しています。

  7. 二民

    マジェルカへ前回の食事会の時にワンピースが好きそうと言う話しをしたから
    今度 ワンピースのレシピブックを送りますね
    まい画材で書いた絵も添えて例えばネネとユズ宛の「鰮の中骨を捕る」だとか「茹でたほうれん草を手で搾る」だとか・・・エトセトラ

  8. majerca

    くにおはんさん
    すみません。
    記事で頂いたコメントの件に触れさせてもらってしまいました。
    そしてうっかりこちらでkメント返信忘れてしまいました。
    「マイノリティと社会を繋ぐ」という活動、興味ありますね、もし何かお手伝い出来る事あれば是非!

コメントに返信