(続)支援って・・・

先日のブログに対してコメントをいくつか頂きました。
知る人にはお馴染み(?)の、記事には全く関係ないコメントもありますが(笑)

頂いたコメントは当事者の方からと、施設で働くスタッフの方から。
施設スタッフの方からは
「支援している。」という感覚はあまりなくて、「自分が成長させてもらった見返りとして彼らの生活していくには足りない部分をサポートする。」という感覚を持っています。いうコメント。
そして、ちょうどそれに目を通す数分前にマジェルカに来られた、以前に知的障害の方が通う
施設で働いていたという方とのお話。
『施設長に「あなたは彼ら(障害者)と普通に接し過ぎる」といわれました。』と。
「それは普通に接する事が出来ていて良いねという意味?それともたしなめられたの?」と私。
 
後者だそうです。
要は指導する立場なのだからもう少し毅然としなさい、というニュアンスだったとのこと。
私は障害者支援の専門家でも、現場で支援に関わっている人間でもありません。
障害者の作る雑貨を扱う店を経営していて、日々福祉施設の方と関わっています。
しかし、だからといって福祉に関して特に深く学ぶという事はあまりしていません。
特に必要性を感じていないからですが、(少しはしないととも感じてますが・・・)
だからなおさら何が正しくて何が正しくないと断ずるつもりはありませんし出来ないと
考えています。
ここでの今までの様々な発言も、日々障害者福祉の現場の方々と関わる中から得る情報、
目にする実際の事ごとを私なりに受け止め、あくまでも私の感覚に基づいて言葉を発して
いるにすぎません。
そして、先のコメントのようにそんな私の言葉に対してシンパシーを感じてくれた方からの
言葉がたまに入ってきます。
でもですね、逆に、反対意見というのはあまり、というか殆ど入ってこないんです。

繰り返しますが、私は私の言葉が正しい唯一解だとは断じて思ってもいませんし、そこまで
独善的でもないつもりです。
結構強い論調で話していると思うのですが、それに対する反対意見が耳に入って来ない事に
むしろ若干の違和感を感じたりもしています。
私もまだまだこの世界に関わり始めて1年半が過ぎた程度。
まだまだ皆さんの話を聞いて知って自分なりの考えを一つ一つ構築中です。
いいんですよ。
色々言ってもらっても。
言い返しますけど(笑)
さて、話は戻って、“障害者と普通に接する”といっても色々な普通があると思います。
10人いたら10通りの普通がある訳で・・・
相手にとっての普通と自分にとっての普通は違いますし・・・
う~ん・・・難しい・・・
“足りない部分をサポート”の足りない部分というのには、社会的に到底認められない行動を
とってしまうという部分もままあると思います。それは当然、抱える障害故の行動ですが、
そこに対してはやはりサポートする側は指導的な立場にならざるをえないと思います。
それも個性だよね♪なんて言って放っておいたらその人達だけにとって居心地の良い場所に
しかならず、他の人々が安心して生活できない社会や場になってしまうでしょうから。
それって親の子に対する立場や、先生の生徒に対する立場とも同じなのでは。
友達の様な親子関係とか、友達のような教師と生徒の関係というのが苦手です。
立場と責任の放棄では?と思ってしまう。
子供と同じように障害ある方って相手がどんな人かを敏感に読むんじゃないかなって最近思う。
そんな彼らをある時は導く立場で、ある時は一人の人間として価値を見出して活かす為に、
また、生きづらさを埋めてあげる為に彼らに寄り添う現場のスタッフの方々って本当は
ものすごい・・・はず!?
誰でも出来る仕事じゃない・・・はず!?
まさしく志高き聖職者・・・言い過ぎ?
本当はもっと優遇されてもいいのにと個人的には思う。
さて、今週末の6/1(土)6/2(日)は西荻窪で一番盛り上がると言っても過言では無い
チャサンポー開催です!
マジェルカも参加しますです。
当日はマジェルカでもすっかり定番となった人気のポリ袋雑貨poRiff(ポリフ)
色とりどりたくさん並びます♪
海にプールに キャンプに野良仕事にと、これからの季節に活躍する事間違いないpoRiff
たくさんっていっても数量限定の次回入荷はちょいと先になりそうってことで
よろしくチューニング!

13件のコメント

  1. !-style-yoshino

    何か違和感が我慢出来なかったから初コメントっす。
    自分が成長させてもらった見返りとして彼らの生活していくには足りない部分をサポートする。
    なら給与は何の分?
    見返り?
    足りない?
    って凄い?だらけです。

  2. majerca

    うわっ!yoshinoさんからコメント!
    コメントありがとうございます。
    そう、きっと色んな意見や見方があるだろうなとは思ったんです。
    現場にいる人なら尚更かと。
    なんかモヤモヤしながら書いた記事でした。
    そして途中から「プロの支援者って一体?」という言葉が浮かんできたのですが、難しすぎて書くのやめました。

  3. !-style-yoshino

    僕も同じ言葉思い浮かべながら書きました(笑)
    テミルの研修のテーマは「プロ論」にしようかな。

  4. majerca

    誰でも出来る仕事じゃない…はず⁈の下り、この言葉の裏には、プロじやなきゃいかんよという思い。
    プロ論、いいですね!

  5. ゆはら

    長野県でバスボムを作っている施設の者です。マジョルカ様には一度お世話になりました、ありがとうございました。
    何だか我慢出来ずコメントさせていただきます。
    これは完全に私感でありますが
    福祉業界の方の多くは成果をあげる事に関して無頓着過ぎるように同業ながら感じています。
    公的なお金から私達の給与が支払われている訳ですから、何かしらの成果をあげる義務が福祉職には要求されているように感じます。
    障がい者福祉で言うならば、利用される方にとって有益な結果をもたらせる支援をすべきであり、インクルーシブな視点をプラスすれば、それが地域や社会に何かしらの良い影響を与えているという成果に繋げる義務もあるように考えています。
    組み立て方の問題だとも思うのですが、多少欲張ったゴールがないと、目先の事ばかりが気になりマイナスを消す事に必死になってしまうと何なんだろうこの仕事。になっても無理は無いかと思います。
    お金をいただく支援とは契約に基づきその人と一緒にその人の未来を創って行く事だという意識を持っていて欲しいです。それが支援者と利用者の対等な立場だと思います。ただお金をいただかないボランティア活動であれば成果うんぬん言わずに障がい者とゆっくり過ごしていたい。でも構わないと思います。
    支援をする事でお金をいただいているという事から逃げずに自らの仕事を定義をするべきではないでしょうか?
    以上、素直な気持ちを書いてみました。長文かつ乱文、大変失礼いたしました。

  6. majerca

    湯原さん!
    すっかりご無沙汰し失礼しております。
    コメント、我慢なんてせずにドシドシ!
    ちなみにマジョルカじゃなくてマジェルカ(涙)
    しつこいですが、支援現場って大変なお仕事だと思うのです。大きな義務を背負っている(はず)だから。
    まさに自分の仕事というものをどう定義付けするか、そもそもその為に日々悩み、考え、勉強し、試行錯誤を続けているか。
    本当に大変なお仕事(のはず)だと。
    昨日、ある施設を訪問し、そこの施設長と話した際にも、公的な援助で成り立っている自分たちは自分たちの事だけではなく、社会に何かを積極的に還元していかなければならないと思っている。と湯原さんと同じ事をおっしゃっていました。
    それなくして社会から常に受ける事ばかりに慣れ、それを当たり前と考え、堂々と社会に胸を張ってアピールする事もなく自分達の世界に引きこもっているとしたら単なる社会のお荷物に成り下がるし、これからの社会、ますますそんなお荷物として存在するのは難しくなる気がしています。
    (出来るのにやらないとすればの話。やりたくても出来ないのとは別です)
    実際に還元出来る価値を皆さん色々持っている、けれどもそれをまだまだ発揮していないと私は考えています。
    湯原さん、またいつか遊びに来て下さいね。

  7. ゆはら

    あ~~~、大変失礼いたしました。
    マジェルカ必ずお邪魔させていただきます。
    職員個人のレベルで仕事感をきちんと定義出来るには自分達の事業所の存在意義が理念としてしっかりあり職員にしっかり浸透しているか?が問われるので、現場の職員が迷ってしまうのは経営の問題なのだと思います。
    経営者としては、利用者だけで無く、地域や社会を幸せにする過程で職員も幸せにする事が出来ねばイカンと思うわけであります。
    施設も会社も人組織ですから、目指す所は本当は同じなのだと思います。定義する顧客がちょっと違うだけです。

  8. くにおはん

    盛り上がってますね!
    …ってご意見頂いた身ですが。
    「成長させてもらった見返りに」と
    コメントしましたが指摘を受けた部分確かには頷けます。
    ですが家族に自閉症の兄を持ち、逃げて逃げてようやく37歳の時に福祉職に就いた自分を振り返るとやっぱり自分の軟弱な部分を成長させてもらったな…って感じる訳です。
    福祉職に就いたのも成り行きでした。特に熱い使命感はゼロでしたね。
    障がい者の身内って考え方が独特ですから、
    多分こういう考え方は理解されないと思います。
    ^^;

  9. majerca

    湯原さん
    まさに施設も会社も同じ人組織だからマネジメントの重要性も同じで、そのスキルが無いならマネージャーになんてなれないはずですよね。本当は。
    くにおはんさん
    私も身内に障害を抱えた者がいます。
    それを〝きょうだい″って呼ぶ事を最近初めて知りました。そういう立場だから彼らの社会と私のいるような社会の境界がハッキリし過ぎている事に違和感を感じて今の仕事を始めた気もしています。
    たとえ初めは成り行きで使命感ゼロのスタートだったとしても関わり、知った結果、今がどうかが重要だと思います。

  10. くにおはん

    コメントありがとうございます。
    私も「きょうだい」というコミュニティに属していなかったらおそらく今の仕事はしていなかったと思います。
    成り行きで始めたこの仕事ですが、なかなか自分に合っているようです。始めた当初よりいろいろ考えることが多いですね。
    私も来年の始めから春あたりまでにハンドメイドの品物を扱う雑貨屋を始める予定です。(古民家を申し込んでいてそれが上手くいけばですが。)
    「手作り」をキーワードに人と物、人と地域、人と人を繋いでいく…障がい者とか健常者とか垣根を越えたそんなお店にできればと思っています。
    というわけで是非マジェルカさんにお邪魔したいと思います。
    そのときはよろしくお願いします。^ ^

  11. majerca

    くにおはんさん
    コメントありがとうございます!
    古民家の雑貨屋、羨ましい!憧れます。
    是非いつかマジェルカにも遊びにいらしてください。

  12. 二民

    マジェルカで僕の個展開きたい
    ネネとユズの絵来週には届くと思う

  13. majerca

    二民さん
    ハガキ届きました。
    3枚もありがとう!
    マジェルカで個展かぁ・・・
    たまにそういうお話もあるんだけど、
    今のマジェルカでは一点モノの「作品」というより雑貨という「商品」を扱うのがメインだから
    無理だなぁ・・・
    でもなにか考えていつか出来るといいね。

コメントに返信