初めまして

みなさん初めまして!

3月からマジェルカで働いているスタッフWです(^o^)/

インスタグラムではちょっと前から登場してましたがブログ初登場です。

これからもたまに登場しますのでどうぞよろしくお願いします。

 

さて、みなさんは「ラオス」という国をご存じですか?

ラオス凱旋門と言われているやつです。

 

私はラオスに昨年末まで住んでいて

マジェルカを知ったのも遠く離れたラオスの地でした。

 

ラオスでは障害者の就労支援、障害者スポーツの普及・促進、

知的障害者センターの支援などに関わりました。

 

中でも就労支援では製菓の製造から販売、販路の拡大などを

仕事として現地の障害者と一緒に活動していく中で、味を認めて買ってくれるお客様や

質の高さを分かってくれるお客様と出会い、障害のある彼らがお客様から必要とされて

いること、その商品が価値のあるものと認められるということが、この仕事以前には

日本で障害者の生活支援をメインに仕事をしていた私にとってはとても刺激的な分野でした。

 

しかし、私は福祉の経験はあってもビジネスの経験はありません。

なのでラオスでの活動の中でもこれといって良いアドバイスをできるわけでもなく、

アイディアもなく・・・

 

もやもやした気持ちが募っていきました。

 

そんな中で日本で「障害者×仕事」を学べる環境はないかな?

と思い探していたら「マジェルカ」がヒットしたのです。

 

そしてそして

いろいろありましたが、マジェルカで働かせてもらえることとなりました!

 

いやー、日本社会の荒波にもまれている!という感じです。

ラオス人はよく「ボーペンニャン」という言葉を口にします。

大丈夫とか気にしないでという意味なのですが

ラオス人魂は「ボーペンニャン」なのです。

なので初めのころは何でもかんでも「ボーペンニャン」で済ませる彼らに

腹を立てることもありましたが、次第に染まっていってしまった私。

日本社会は「ボーペンニャン」は通じませんね。

 

よく怒られます。

「そこはボーペンニャンじゃないよっ!」と言われてしまいます。。。

 

みなさんそんな私を慰めにお店に来てください(;O;)

 

お待ちしてます!笑

 

 

毎日色んな方がお店に来てくださります。

遠くからわざわざ来られたなんて方もいます!

よく店内から「かわいー!」という声が飛んできます。

そしてちょっぴり人見知りな私ですがお会計に来られた方に

マジェルカの商品についてお話しすると、たいていの方は驚かれます。

お話をするまで「障害のある方が作ったものとは思いもしなかった」という反応が多いのです。

そういう方こそ、商品の価値を見出してくれている方たちなのではないかな?と

マジェルカで働き始めて感じました。

純粋に「欲しい」と思ってくれている気持ちに喜びを感じます。

マジェルカで働いていてよかったなと思える瞬間です!

 

まだまだ未熟者ではありますが

皆様これからどうぞよろしくお願いいたします!

 

 

次回マジェルカCafé6月24日開催します!

 

私も前回のマジェルカCaféに初参加しました。

 

セミナーや研修会だと、どうしても同じ分野の方たちが集まり

同じような悩みを話したりという印象があるのですが

前回参加してくださった方々は

学生さんや主婦の方、事業所のスタッフさん、障害当事者の方などなど

幅広い立場の方々がいらしてくださり

それぞれの立場で感じる事や思いを、お話してくださりました。

 

聞く立場が違うと質問も変わってきて

自分の中にはない視点で質問されることもあるので

「なるほどな~」と感じることも多くありました。

 

ぜひお時間ある方はいらしてみてください!

私もお待ちしております‼

 

 

 

 

 

 

コメントに返信