外なの?内なの?

みなさん、明日は節分ですね!

年の数だけ真面目に豆を食べるか否か…

 

悩みどころなお年頃、Hです。

 

2月3日の節分は

我が家では

父のお誕生日でもあります。

 

なので、子どもの頃は

兄、私、弟の3人が

鬼のお面をつけた父めがけて

家中に豆を撒き散らかし

ひとしきりドタバタ大騒ぎした後

急に無言で恵方巻きをほうばり…

さらにはケーキも食べるという

 

シュールで

和洋折衷てんやわんやな

一大イベントでした!

 

今でも、毎年節分は

父におめでとうの電話をして

豆、鬼のお面、恵方巻きを準備して

童心に返ってはしゃぎます笑



そもそも節分とは

 

季節の分かれる日の意味で

立春、立夏、立秋、立冬の前日を指したが

今は一般的に立春の前日。

春は年のはじまりであり、季節の変わり目には邪気が、生じるという考えから

鬼払いなどの儀式が行われるのが一般的。

だそうです。

 

そして、みなさ〜ん!

なんとマジェルカにも鬼がいるんです!!

 

あ、オーナーじゃありませんよ笑

 

それがこちら

f:id:majerca:20190202113140j:plain

 

奈良のたんぽぽの家アートセンターHANAさんの厄除鬼です!

 

奈良にはその昔、鬼が悪者を退治したという

厄除の伝説があり、節分には

「鬼は内。福は内。」と厄払いをする習慣が

一部の地域にあるそうです。

 

そしてこの鬼は厄をはらってくれる

お守りなんです!

f:id:majerca:20190202113209j:plain



色によって退治したい人間の煩悩が違うのも

面白いですよね。

 

怖い、いじわる、悪いやつ!

というイメージの鬼ですが

 

マジェルカの厄除鬼は

とってもいい奴なんです❤️

 

日本伝統の行事にあやかって

個性的なインテリアや

外国の方へのプレゼントとしても

存在感抜群です✨

 

 

ではでは、みなさま

素敵な節分をお過ごしください!

 

コメントに返信