それを知っているから。。。

今日、あるメンバーの、マジェルカを卒業した後の進路が決まりました。

(正しくは決まった事の報告を受けました)

 

そして、その事を私の口から聞いた別のあるメンバー、自分ごとのように心配していたのをホッとして、とても喜んでくれたようでした。

そんな彼女の今日の喜びはそれだけでなく、長らく体調を崩してお休みしていた他のメンバーが来週から復帰すると聞いてこれまたとても喜んで、その彼女の戻ってからの働き方にまで気を使ってもくれたり。

 

「今日はいい日」だと。。。

 

そんな風に他人の事を自分ごとの様にこんなに喜べるって素敵なことだし、綺麗な心だなと思ったりしたのです。

そしてそれに接する自分も一層幸せで豊かな気持ちにさせてもらえたようにも。。。

 

でもそんな彼女、ここ数日?数週間? なかなか気持ちの面でしんどい様子が続いてもいたのでした。

ここしばらく、いつも以上にちょくちょく話をする機会も多く、その内容は時には、支援者という立場で、それを言っちゃいけないよと言われそうですがこっちにとってもなかなかしんどかったりする時も。

「傾聴」とはいいますが、そしてその大切さや意味も分かりますが、「そうだよね」「つらいよね」と聞くだけで収まらず、「こっちが悪かったね」と折れるだけでは収まらず、相手も自分も同じ人として、どうしても「こちらの言い分」を伝えてしまうので時には若干バトル気味にもなったり・・・

そもそも相手をしんどくさせる気は無いのですが、

「真面目に聞いて話してくれてありがとうございました。」

なんて言われて

「俺はいつも真面目だよっ!」

なんて。。。

 

それはさておき、ここしばらくはちょっと周囲にも(私たちにも)厳しくなりがちだった彼女ですが、そんなたまたま今あるその状態が彼女の全てではなく、決してそうではない人一倍優しく頼りにもなる彼女がある事をこれまでで知っているから信じて付き合える部分っていうのもありました。

 

そして今日、他人の幸せを自分ごとのように喜んだり、また、他人の苦しみを自分ごとの様に共感して思いやれたりするようになった彼女の出現が嬉しく、マジェルカの大事な財産だと感じられたりもして、少し安らかな気持ちで過ごしている私の夜なのでした。。。

 

 

 

 

コメントに返信