二人を繋ぐもの

こんにちは!ナベです!

 

今日はぽかぽかいい天気!

マジェルカではみんな、睡魔に襲われています!笑

春ですね~🌸

 

コーヒーを飲んでも飲んでも眠い。

春ですもんね~🌸🌸

 

しばらく、なんでも春のせいにしようと思います🌸🌸🌸

 

 

 

さてさて、春と言えば出会いと別れの季節。

先日スタッフAがブログで卒業をお知らせしましたが、別れはなんだか寂しいものですね。

でもスタッフAならどこでもしっかりやっていける!

そう信じて笑顔で送り出したいと思います。

 

 

お店にいらしたお客様の中にも、寂しいお別れを笑顔で迎えたい方がいらっしゃいました。

 

高校を卒業すると離れ離れになってしまうお友達。

 

そのお友達との間をつなぐ「何か」を探されていました。

 

そして選んでくださったのが、こちらのぴちょんダント☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも身近に感じられるように、身に付けれれるものを・・・。

 

きっと、このお2人の友情はずーーーっと続くんだろうな~と感じます。

 

 

ぴちょんダントは岡山県のうらやすガラス幸房さんで生まれました。

 

透明度が高くてとてもきれいなガラス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(Uさん、勝手に画像を使ってしまいました!すみません!)

 

うちのオーナーが「みずたまり」みたいなペーパーウェイトを作ってみるのはどうかな?

という提案をしたのがぴちょんダントの始まり。

 

担当のSさんは、「いいですねーっ!やってみます‼︎」と二つ返事で答えてくれたそう。

 

「こんなのが欲しい!」なんて売り場からの要望。

ときには迷惑では?なんて思うこともしばしば。

 

それでも前向きにとらえてくれて、いつも積極的にチャレンジしてくれるうらやすガラス幸房さん。

そして担当のSさん、Uさん。

 

このやり取りが嬉しいし、楽しいんだとオーナーが話していました。

 

そして、「みずたまり」が水が垂れるしずくのような形に変わりました。

これがぴちょんくん!

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ぴちょんくんがネコバージョンになったり!

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、そして色々なうらやすガラスさんの中で進化を遂げて誕生したのがこのぴちょんダントだったのです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マジェルカオープン当初からのお付き合いであるうらやすガラス幸房さん。

 

以前ブログでも書かせて頂いたのですが最初はとっても怪しく思われていたうちのオーナー。笑

https://blog.majerca.com/entry/20130626/1372172400

(オーナーがうらやすガラス幸房さんにお邪魔したときのブログ)

 

そんなオーナーとうらやすガラス幸房さんをつないだのは、このガラスですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

吹き手が一人でガラスを作るのではなく、チームガラスとしてみんなで一つの作品を作っているのだとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

(渋くてかっこいい☆)

 

うらやすガラス幸房の皆さんがチームとして繋がって。

 

うらやすガラス幸房さんとマジェルカが繋がって。

 

マジェルカとお客様が繋がって。

 

そして、お客様とお友達が繋がって・・・。

 

幸せがたくさん繋がっていくうらやすガラス「幸房」さんのガラスたち。

 

『野の花を活けたり、食事や晩酌を一緒にしたり、特別な日に大切な人と過ごすひととき、手作りだから一つ一つが色も形も少しずつ違う。うらやすガラス幸房のぬくもりのある手ふきガラスが、あなたのワンシーンにそっと寄り添います。』という紹介文章があります。

 

出会いと別れの季節。

 

みなさんもうらやすガラス幸房さんのガラスたちと一緒に、大切な人と繋がってみては?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1件のコメント

  1. うらやすガラス幸房 内田

    うらやすガラス幸房 内田です。このあいだから、なぜか巧く入力できません。手短に言って「ありがとうございます。今後ともよろしく」です!

コメントに返信