オシャレは足元から!

こんにちは!

暖かかったり寒かったり。花曇りの今日の吉祥寺はちょっとひんやりです。

こんな日は、着る服にも悩みますね。

寒いからといっても、やっぱり春色入れたいですよねえ。

そんな時は・・・靴です!

 

今日くどうがご紹介するのは、「デイセンターふれあい」さん。

武蔵野市にある社会福祉法人武蔵野さんが運営する事業のひとつ。

社会法人武蔵野さんは、

他にも美味しいパンやお菓子を焼いたり、(息子が幼稚園時代にお世話になりました!)

美味しくて優しい食事を提供する食堂を運営されたりしています。

(七福さん、以前ママ友とランチしに行きました。とってもおいしかった!写真を撮ればよかったなあ)

 

その「デイセンターふれあい」さんの靴!

見てください、この色鮮やかな靴たち!

色合い、筆遣い、この世に二つとないデザイン。あれ、一足青い靴がちょっと履きこなされている・・・?

f:id:majerca:20190330145720j:plain
色とりどり。

失礼しました。わたしの愛用している靴も仲間に入れてもらったのでした。

f:id:majerca:20190330145812j:plain

 

 

 

f:id:majerca:20190330145602j:plain

お子さんサイズもあります!今店頭にあるのは16cmと18cm。

 

 

 

この個性的な模様や色

デイセンターふれあいさんで、どんな風に描かれているのかというと・・・

f:id:majerca:20190330144950j:plain

ばね付きの器具にスタッフさんが絵の具をつけ、

 

 

f:id:majerca:20190330144931j:plain

スタッフが利用者さんの手を取り、

 

f:id:majerca:20190330144937j:plain

えいやっ!と、前においてある靴やTシャツなどに 絵の具が飛んでいくのだそう。

なるほどー。だから、色や形や筆遣いが様々なんですね。

 

利用者さんの中には、ご自身の手を動かして筆を使える方もいらっしゃいますが、

重度の方も一緒に、このように作品作りにかかわっていらっしゃるそう。

障害の程度はまちまちだけど、その人ができることを、そしてスタッフ皆さんがひとりひとりに、どういう動きならできるかな?と考え工夫されている姿が思い浮かびます。

 

昨年マジェルカが東急吉祥寺店に出店した際も、利用者さんが大勢で、自分たちの作品が並んでいるのを見に来てくださいました。

 

マジェルカにも毎回納品には作り手である利用者さんがいらっしゃいます。

 

作品とご本人と。スタッフの方と利用者さんと。新人くどうも何度かお会いしていますが、

皆さんにこやかで、職場の雰囲気が伝わってきます。

(私の脳性麻痺の義妹もこんなところで働けたらなあ・・・)

 

 

そして

忘れちゃいけない、だるまたち!

このかわいこちゃんたちも、社会福祉法人武蔵野の「デイセンターふれあい」と「デイセンターやまびこ」さんがコラボレーションして出来上がりマジェルカに届けられたもの。

お座布団もついてきます。

f:id:majerca:20190330134112j:plain

先日私の大切な仲間が結婚したのですが、そのお祝いの中にこちらのだるまをチョイスしました。受付嬢が「わあ!面白い!」と。うふふ、そうでしょ?

 

今回はウェブショップに掲載されている商品のないブログとなってしまいましたが・・・

お花見ついでに、春休みの散策に、新生活の準備に、

吉祥寺のお店にいらしてみませんかー?

一点物の粒ぞろいが、皆さんをお待ちしておりまーす!

コメントに返信