奇跡のコラボスイーツ:地域作業所hanaさんのポルボローネ

こんにちは、スタッフMです。今日の吉祥寺も柔らかな日差しが降り注いでいます。
通勤時に通り過ぎた井の頭公園の動物園は、黄色い帽子を被った幼稚園児でいっぱい!

今日は絶好の動物園日和かもしれませんね。

さて、GWに帰省される皆さん、お土産の準備はすすめていますか?
スタッフM一押しは、千葉にある地域作業所hanaさんのハンドメイドの焼き菓子、「石けりコロロ」。

実は先日も海外の友人へのお土産にしたところなんですが、
こちら、必ず「美味しかった!」という嬉しい感想が返ってくるお菓子なんです!

美味しさの秘密は3つ。

まず1つめの秘密は<こだわりのレシピ>

このポルボローネのレシピは、TVチャンピョン等で数々の優勝経験がある千葉在住のトップパティシエ高木氏のもの。
(実はMも高木氏の洋菓子店”アントレ”の大ファンで、千葉在住時は良く車を走らせ買いに行きました)

なんと、小麦粉をわざわざ素焼きし(だから風味が格別なんですね~)、

その後人の手で一つ一つ丁寧に成型していくのだそう。

(デパ地下に鎮座する高級焼き菓子でも、その工程は機械化されていることが多いのではないでしょうか・・・?)

2つめの秘密は、<材料へのこだわり>

材料にはマザー牧場の新鮮な牛乳を使用。しっかりとバターを使うのもこだわりです。

3つめの秘密は、<込められた”♥”>

こちら、作っているのは”同じ作業をひたすら繰り返すことが得意なメンバー”たち。

 

「心を込めてつくったものは人を感動させる」を信条とされている高木氏も、

hanaさんで働く障がい者の方と交流され、こんなメッセージを残されています・・・

「感じたことは、みんな心が温かいこと。笑顔や純粋さは人を引きつけます。

そんなみんなが一生懸命作った作ったお菓子たちです。みんなの心を感じてください。」

 

そして、このポルボローネ、パッケージにもこだわっています!

イラストを描かれているのは、絵本作家の村上康成先生。

我が家にも村上先生が手がけられた絵本が何冊もあります!
「999ひきのきょうだいのおひっこし」「おにはうち」「おおきくなるっていうことは」
子供たちに何度読み聞かせしたかなぁ・・・?

コロンと描かれた動物の絵が、生命力を感じさせ、とてもチャーミング。
眺めているだけで、ファンタジーの世界の扉が開きます☆

その村上先生はhanaさんのポルボローネをこう表現します。

「みんなのまごころがすーっと口に溶けていくようなお菓子です」

**

”テミルプロジェクト”さんが企画した、この奇跡のコラボレーションが生み出した焼き菓子。

是非、お土産やちょっとしたプレゼントをお探しの際にはご利用くださいね。

ちなみに、店頭・ウェブショップでご購入の際にはこちらのように可愛いラッピングサービスも行っております!

DSC_0092

ちなみに、ポルボローネはスペインではお祝いの席で食べられるお菓子なのだそう。
結婚式のプチギフトとしてもオススメですよ☆

コメントに返信