「繋ぎ役」であることを感じられた一コマ

「先日こちらで裂織のマットを買ったものなんですが。。。。」

今朝ご来店のお客様。

(もしかして、マットに不備があったのかしら。。。だったら申し訳ないなぁ。。。)

身構えるスタッフM.

 

すると、バッグから写真を取り出され、こんなことを。

「家でこんな風に使ってまして。。。とても気に入っているので。。。

作り手の方にお伝えいただきたくて。。。」と。

写真の裏には、マットの作り手かもしれない(?)玉川福祉作業所の”徳井くん33才”さん宛てで

手書きのメッセージが綴られていました。

 

(以下一部抜粋)

我が家の玄関には長すぎるかな?と思ったのですが、色合いが気に入り、

家に戻って敷いてみると、長さも色もぴったりでした。

これからもきれいなマットを作ってください。

 

ご丁寧に写真を撮って頂き、プリントして頂き、そこにメッセージを手書きし、

それを作り手に届けるためにご来店頂けるとは。。。。(涙)

 

「多くの方々がより気軽に障がいのある方と繋がる機会を作る」ことを

一つのミッションとして掲げているマジェルカですが、

 

まさに「繋ぎ役」になれたことを実感する一コマに、女性スタッフ3名、

嬉しさと感動でウルっとしてしまいました。

 

(マジェルカのミッションについては是非こちらをご参照下さい → 

 

”徳井くん33才”さん、玉福さん、メッセージお送りするので待っててくださいね!

 

ちなみに、こちらの肌触りがよく、足の裏も大喜びの玉福さんの綿の裂織マット。

(Mもキッチンに敷いたり、洗面所に敷いたりして愛用しています!)

画像に含まれている可能性があるもの:ストライプ

配色も作り手さんのセンスが感じられれ、もはや世界で一つの”作品”。

(玉福さんも、一つ一つに”タイトル”をつけています。)

 

お部屋のアクセントになること、間違いなし!

是非店頭でじっくり味わって頂ければと思います。

 

そして、皆様も、マジェルカの商品を使用されてのご感想や作り手へのメッセージがあれば、

是非是非 お寄せ頂ければ幸いです☆

コメントに返信