どうすれば・・・いいのかな?

こんにちは♡スタッフです(#^^#)

皆様お元気ですか?

私はイマイチ体調がよろしくないです。

原因を考えてみると、最近の気温の寒暖差によって体調がついていかないのが一つの原因だと思います。

そんなこんなで私は今体調の悪いことについて最近悩んでいます。

なぜ体調が悪いのか考えてみると「病気だから」・・・

そんなこと言ってもなんにも解決しないので、今日は自分と向き合ってブログを書いてみたいと思います。

そしてマジェルカで働いていることでの気付きも。

まずは体調に関してです。

体調が悪い理由はいくつかあります。

敏感に物事に反応したり、考え方が凝り固まったりしているからだと思います。

そんな中オーナーには「自信がない」と言われ、また落ち込んだりします。

そのことについては、一部はあるかと思いますが、そんなことはないと自分を励ます毎日を送るようにしたいと思い、自己肯定力を上げていきたいと思います。

また、私は基本的にいいことは思い出しづらい性格でマイナス思考になりやすいです。

そこも「自分次第」と思いたいと思います。

ブログを書いていて気づきましたが、私の悪い思考の原因がすべて「病気」だと思ってましたが、そうではない部分も多くあると気づきました。

だいたいが自分に弱く、人に甘えて生きているからだと思います。

そのようなことは少しずつ変えていきたいと思います。

話変わってマジェルカで働く私が思っていることについて書いてみようと思います。

マジェルカで働いているとメンバーとスタッフと関わる以上に、お客様とお話させて頂く機会が多いです。

そこでは多くの元気とパワーと刺激があるお客様と出会える喜びが私にはあります。

そのようなお客様達はマジェルカへ、また障がいがある方々が作ってくださる心のこもった商品への思いを持ってきてくださいます。とても嬉しいです。

喜んで帰って行かれる姿を見ることが出来て、マジェルカの仕事内容はとても素敵な仕事内容だと改めて思います。

そんなマジェルカで働いている中で、気になることもあります。

それはマジェルカの外には看板が出ているのですが、そこには「障がいがある方が作った雑貨の専門店です」と書いてあり、それが原因で店内に入ってくることができないお客様もいらっしゃいます。

「障がい」とはなんぞや、、、人によっては毛嫌い・白い目・引く・そんなマイナスなイメージがあると思います。

傷つくなぁと思う今日この頃ですが、それはしょうがないこととも思います。

また接客が上手くいかない時も、嫌な気持ちになりますが、それはスキルを上げるしかありません。

そんなこんなでマジェルカで過ごす中で、障がいがある人も普通に働けるという事を知ってもらうためには、私も成長しなくてはならないと思います。

メンタル面・接客のスキル等、いろいろ自分を見直して、これからのマジェルカでの働き方について意識していきたいです。

障がいがある方が「マジェルカで私も働きたい」と思ってもらえるように。

そんな内容で、今日は終わりにしたいと思います♡

 

お久しぶりです、オーナーと呼ばれているフジモトです。

日々気持ちの波がありながらそれと頑張って上手く付き合ったり、時には翻弄されながらマジェルカで働いている彼女。

自分で言っているように「自分に弱く、人に甘えて生きている」ようには私の目にはとても映りません。

どちらかというと自分に厳しいくらいで、それが自己肯定感を下げている場面もあったりして。

ここは買い被ることなく仕事の評価を率直に伝えても、自分に厳しい彼女は時に「そんな事ないです」となかなか納得しないので「もっと自信を持ってよい」と伝える場面はままあったりします。

それが彼女からすると「自信が無い」と言われ、落ち込むきっかけをわざわざ与えてるとなると、私の色々未熟な点を反省・・・

「障がいがある方が作った・・・」という看板が原因で入ってこれないお客様がいると彼女は言いますが、私はそれを実感させれらるシーンに過去8年出会った事はないのです。

そもそも店に入ってこない方とわざわざコミュニケーションを取らないので自分は気づいていないだけで、実際にはそういう方はいたのかもしれません。

実際世の中には彼女がいうように障害者に対してマイナスなイメージを持つ種類の人がいるのは事実ですし。

そして。。。

そういう人たちの存在をマジェルカの周囲から感じ取ってしまう彼女と、感じないでいる自分。

色々考えさせられます。

コメントに返信