エコッチと運営スタッフとしての自覚。

11月からマジェルカで勤務を始めたNです。

約1ヵ月勤務して、知ったこと、感じたこと。

 

初日勤務は、当店の「エコッチ」という商品を製作している

「杉並希望の家」さんという作業所の見学に全員で行きました。

もちろん、作業所という場所に行くのは私は初めてでした。

 

そこで知った2つのこと。

 

1つ目は、

勝手に、作業所は静かな場所で黙々と業務をこなしているものだと想像していました。

ところがどっこい、足を踏み入れると、PerfumeなどのJ-POPをかけながら、

楽しくおしゃべりしながら仕事をしていたのでした。

所長さんのお話によると、その方が利用者のみなさんの仕事がはかどるのだそう。

 

2つ目は、

この作業所には大きなプリンターがあり、

クラブTシャツや杉並区でバカ売れの「なみすけ」グッズの印刷を受注しているのですが、

 

なんと!

一般の方でも、Tシャツやポロシャツへのフルカラープリントを1枚から注文できるのです!

 

近所のおじいちゃんが「孫の書いたこの習字をTシャツにしてくれませんか?」と

半紙を持って来られたこともあったそうで、スキャンしてプリントをしてくれます。

画像データは多少の加工も可能だそうです。

 

オリジナルT・ポロのご用命は、ぜひ杉並希望の家さんへ!!

 

 

次は感じたことについて。

マジェルカがセレクトショップであり、1店舗経営のお店であるゆえに。

 

私たちはパート社員として勤務しています。

しかしながら、私が入社してすぐに始まったクリスマスフェアの準備では、

ラッピングや店内装飾、レイアウト、クリスマスらしい商品を取り扱う事業所探しなど、

全員で考えて案を持ち寄りました。

 

どうしたら、魅力的な商品に興味を持ってもらえるか、

どうしたら、お客様にわくわくしてもらえるか。

私たちスタッフは日々、考えながら仕事をしています。

 

商品のチョイスはオーナー藤本さんの目利きによるものがほとんどですが、

スタッフにも仕入れ前に「これどう?」と訊いてくれます。

(そして、商品は1点物も結構多いので、お店に出す前にスタッフも欲しくなること多し・笑)

 

早番、遅番の勤務終わりには私たちも毎回、売上の確認をします。

 

つまり、私たちはパート社員でありながら、

お店を運営する者の一員としての自覚を持って仕事に取り組める環境であるのです。

 

そこが私がマジェルカでの仕事に面白さを感じるところであります。

←クリスマスフェア商品のサンタ・トナカイエコッチのセットです!

コメントに返信