負けません!

コロナウイルスによる様々な影響が日を追うごとに大きくなってきています。

ここ東京では特に緊張感が高まってきています。

東京都から出された外出自粛要請で、この週末は吉祥寺も大型商業施設を中心に中小の多くの店舗さんも多くが休業し、マジェルカのある中道通りも半分位かそれ以上が閉まっている感じでした。

日々変わる状況の中でどこのお店さんも悩みながらそれぞれで判断していますが、マジェルカでは今日の時点では通常通りに営業を行っています。

商売をやっている立場だと、今休業をする意味というか判断材料というのは、

極端な来客減で売り上げが見込めない中で、営業を続ける事によって掛かる人件費や材料費などのコストと見込める収益のバランスを考えた上での営業的判断から行うというのがあります。

もうひとつ営業的な判断と別の意味では、お客様の来店や従業者の出勤を止めることで双方にとって感染の危険を減らすこと、また、もっと対象を広く考えて、街に出てこようとする人を抑えるという意味があると思います。

前者は私やスタッフ、メンバーなど、マジェルカに直接関わる特定の人たちに対する責任や問題、後者はそれに加えてより多くの人たち、社会に対しての責任や役割。

そんな色々な状況を考え、悩み、スタッフで話した上でマジェルカは今日の時点では通常通りの営業を行うという道をとっています。

実際には営業をしてはいても売り上げは半分どころかそれ以下という状況にまでなっていて、加えて、地下で運営しているレンタルスペースのキャンセルも相次いで、正直なところ今後の運営への危機感は日々高まっています。

ただ、マジェルカの場合は単なる雑貨ショップではなく、就労継続支援A型事業所として障がいを持つメンバーたちへ就労機会を提供する場所でもあるので、彼女たちがそれを求めるなら提供する義務があるので、そこには営業的判断プラスアルファが求められます。

一応、この情勢の中での出勤に不安があれば休んでも構わないと通知しましたが、それを理由に休み希望を出すメンバーは今の所いません。

とはいえ、今の苦しい時をなんとか乗り越えてその後もこの場所を維持していくためのコスト削減をすべく、痛み分けではありませんが、メンバー、スタッフの皆に少しづつ勤務時間を減らしてもらうなどの協力をお願いをしたのですが、誰もが気持ちよく頷いてくれたのにはただただ感謝です。

社会に対しての役割を考えた時に営業自粛すべきではと悩みもしますが、ウチのような日々の売り上げで食いつないでいる小さな事業者にとっては、日々の数千円の売り上げが必要で大事だったりもします。

そして雇用の維持も。

実際、中にはウチでの収入が無くなると困る方もいたりします。

そんな色んな要素を考え本当に毎日悩みながら判断を迫られているのですが、その矢先のつい先日、とある方、とはいえお会いした事は無くマジェルカと特に関わりも無いある方から

「この状況下で営業をするなんておかしい!何を考えてるんだ‼︎」「営業自粛すべきだ!」とかなり強い口調で非難を受けるという出来事がありました。

最初はオーナーである私の見解を聞きたいという話でしたが、こちらの見解は一切聞いてもらえず非難をされるばかりでしたが、今、この状況下で店を営業するという事は、世間からこういう見られ方をしてしまう場合もあると実感した出来事となりました。

事実、多くのお店さんが外出自粛に協力して閉店している通りの中で、カラフルな雑貨を並べて店を開けている事に、後ろめたさみたいな気持ちになる時もあります。

それでも営業する以上は少しでも出来る事として、以前からショップスタッフには常時マスクを着用させたり、頻繁に手洗いやアルコール消毒をさせ(特に金銭を触った後)、お客様に対しては入り口にアルコール除菌液を設置して使ってもらっています。

ただ、そうやって店を開けていてもお客様は殆ど来られないので、そんな今を実店舗ではなくオンラインショップに集中的に注力し強化する機会に充てようと考えています。

今の実店舗の売り上げの落ち込みをカバーするまでにはとても届きませんが、それでも昨年末から色々な努力の甲斐あって売り上げが急速に伸びているマジェルカのオンラインショップをこの機にしっかりと底上げをしておく事で、まずはこの危機をなんとか乗り切ること、また、いずれコロナが収束して実店舗にお客様が戻った時に実店舗とオンラインショップ2つが柱となっているコロナ騒ぎ以前以上に強いマジェルカとなれていることを目指して頑張りたいと考えています。

 

最近は、オンラインショップをご利用下さった地方のお客様や、地方の取引作業所の皆さまなどからこのコロナ騒動の中で東京で営業を続けているマジェルカに対し、暖かい労いや応援のお言葉を頂く事もあり、とても感謝し勇気をもらっています。

また、いくつかの取引作業所さんからは、行政などが主催する自主製品販売の機会となるイベントなどが軒並み中止となり、「自分たちの製品の売り先がマジェルカだけになってしまった。。。」という声をチラホラと聞くと「ウチは頑張って販売しよう!」と奮い立たされる思いです。

そんなマジェルカ自体も今月から上野の東京都美術館ミュージアムショップさんで出店を予定していましたが、5月までの美術館休館がつい先日決まったため先の見えない延期となり、この出店のために各所から仕入れた商品の在庫の山を抱えてしまいました。

どれもこれも素敵な商品ばかりですし、東京都美術館に商品が並ぶ事を楽しみにしてくれていた作業所さんもあったのでそれを思うと残念。

なおのこと、マジェルカ総動員で頑張ってオンラインショップでこれら素敵なたくさんの商品を売っていかなければ!と意を決している次第だったりもします。

 

皆さん、マジェルカが今の窮地を乗り切りこの場所を継続させていけるように、そして売り先が無くなった作業所さんたちの為に、特に今、どうか力を貸しては頂けませんか?

その方法はとても簡単です。

それはマジェルカのオンラインショップで楽しいお買い物をして頂く事です!

 

そして・・・もし良ければ注文時などに一言応援メッセージなんて頂けたりなんてしたらみんなで感動しちゃいます!
もちろんお返事もさせてもらいます!

 

そんな気持ちにお応えして下さる皆様へ今の私たちが出来るささやかな感謝として、1万円以上で無料になる送料を5千円以上で無料とさせて頂きます。

 

なかなか外に遊びにも出られず、明るい話題が少ない今だからこそ、お家でマジェルカのオンラインショップを眺め、楽しくカラフルで元気な雑貨のお買い物を楽しんでみてはもらえませんか?

コメントに返信