当面の営業体制についてご案内

まずは、先日の私のブログやスタッフくどうの投げかけにオンラインショップでとてもたくさんのご注文を頂きました。

ありがとうございます!

ほんとうに感謝です。

そして頂いた応援のコメントにも私だけでなく皆元気をもらえています。

ありがとうございます。

 

非常事態宣言が出されましたが、特にマジェルカのような業態(雑貨小売ショップ&障がい者福祉事業)に対しては国としても東京都としても明らかにどうしろという指針や、どうしてくれるという方針も出される気がしないので、この宣言を潮時に自分たちとしてどうするかを今日、スタッフ、メンバー全員に集まってもらって伝え、話し合いました。

その内容は

①他業種への休業要請にならいGW明けまで吉祥寺のショップを閉店いたします。

その理由の一つは、スタッフ、メンバーの感染リスクや不安の軽減。

これが最大の決定要因です。

また、実際に開店していても来客は殆どなくなっているし今後さらに減るだろう事を考えると開店している事で見込める売り上げは殆どないであろうという判断から。

そして、マジェルカに来る事が人々にとって外出の機会とならないように、人々の外出の抑制に少しでも与するため。

中々難しい判断でした。

数千円の売り上げも大事にしていかなければならない今、コロナで命を失う危険もさながら、売り上げを少しでも確保しなければ、別の意味で命を失う危険もあるのですから。

スタッフ間でもどうすべきか少し紛糾しました。

余談ですが、マジェルカはこういう決断をしましたが、マジェルカのある吉祥寺でも今でも営業を続けているお店はあります。

きっと私たち同様に迷い悩んだ結果そういう方針を選んでいます。

力ある立場から出された、(現時点で)補償がしっかりと提示されていないまま自己責任での営業自粛要請に従っていないからといって、そんな人たちを安全な立場からの自己中心的な正義感で非難する世論が出来上がらなければいいなと感じてはいます。

やりたくてやってはいるのであまり自らが言うべきではないと考えてはいますが、場所を維持し続けるというのは結構大変なんですσ(^_^;)

ただし、ショップは閉店していますがオンラインショップ中心の業務は行なっています。

 

②メンバーの在宅勤務を取り入れます

就労継続支援A型のマジェルカに通うメンバーで電車、バス通勤者の感染リスクを下げるために在宅での勤務をする事としました。

そのための環境整備や、本来接客が中心の仕事のマジェルカが在宅で何をしてもらえるかをあれこれ考え、普段では出来ていなかった事を行ってもらえる機会として前向きな取り組みにしたいと捉えています。

この状況下、完全な仕組み作りよりもまずは走り出し実行をする事を優先してバタバタです。

 

③定休日を復活

以前は週一定休日があったマジェルカですが、昨年からその定休日も無くして年末年始以外は営業していました!

その理由は売り上げを少しでも高める必要性から、なぜなら就労継続支援A型事業としてのこの場所を維持する上で我々を管理する東京都さんからの色々な圧もあるので(その辺の方がコレ読んでなければいいですが(笑))、我々スタッフ側の負担は増えますが、なりふり構っていられず頑張ってはきましたが、イレギュラーな状況下でスタッフ側の負担も減らす必要があっての判断。

変更の可能性ありですが木曜日を休業日とします。

 

ひとまず以上が現時点でのマジェルカの営業体制となりますのでよろしくお願いいたします。

状況に照らして対応し変わっていく事も想像できますが、その際はまたお伝えいたします。

 

 

先が読めない不穏な状況下、私は立場上もちろんですが、メンバーたちにも不安が広がっています。

急遽在宅となったメンバーには今日あたふたと色々説明し、「またお互いに元気で顔を合わせようね!」と。

昨日から新たに仲間に加わってもらったメンバーはきっとこの状況とまどいつつも対応してくれていたり。

(本当なら今日は歓迎会だったよね)

この危機的な状況をどうやって乗り切るか、今だからこそ出来るこんな事あんな事を自宅でA43枚に箇条書きにまとめてきてくれたメンバー、しかもどれも的確!

 

マジェルカを今日まで9年続けてきて、もう言ってしまうけれどお恥ずかしい話、安泰だった時って殆ど無いのですよ実は・・・

実はずっとギリギリで、若干麻痺気味になってるのが本当はダメですが、それでもここまで続けてきました。

そして、その中でも危機的状況は何度も何度も何度もありました。

それでもここまでやってきました。

そのくせ、まだこの先やりたい事を近頃描いたりもしていました。

ただ・・・

今回の状況は相当ヤバイと感じています。

 

ただ、ここまでなるとジタバタしても仕方がないから素直になってきたなと感じていたり。

 

応援してくれる方々がきちんといるんだなと実感して、その方々に対して本当に感謝を抱きます。

そして、マジェルカのメンバー、スタッフに元気づけられてるとも、彼女たちの場所をなんとか維持を!とかいうのとは別、に彼女たちがいるから力をもらって頑張れていると、実は実感しています。

マジェルカに行けば元気で楽しいみんながいるから。

マジェルカが好きで、本気でなんとかしたいと思ってくれている彼女たちがいるから。

多分、以前のように一人でやっているとしたら倒れていると思います。

これ、本人たちには直接伝えていないので、ここで。。。

 

こういう状況に陥って、いつもよりちょっぴり素直になれている自分がいるというのと、こういう状況になるとむしろアドレナリンが放出(イメージね)されてエネルギーが湧くタイプみたいです。

だから連日ブログ書いてるってのもあるのでしょうね。

 

最後に

マジェルカの窮状を救う為にオンラインショップご利用のお願いをしている昨今ですが、お願いをする以上、これでも商品掲載を努力して行なっているつもりですが、なかなか追いつかずせっかく訪問してくれた方にはごめんなさい。

ですが、昨日私が新たにアップした商品に福岡の工房maruさんの「a piece of  luck」という商品があります。

直訳したら「幸運な出来事」

ある程度自分たちに出来る事をしたら、後はジタバタしてもどうしようがないかも。

必要以上に悩んだり、ヒステリックになったり、何かをしなければと考えすぎても疲れるから、運に任せるくらいの気楽さというか余裕を持つのももしかしたらいまこそ大事なのかもしれません。

元々はそんな事を考えて選んだわけではないけれどたまたまコレを選んだのも運に導かれて!?

商品紹介ページには「工房maru」さんが制作背景を綴った記事のリンクも掲載しているので、楽しんでもらえたらちょっぴり嬉しいです。

 

体制は変わりますが、これからも絶え間なくみなさんに楽しみや幸せをお届けしていけるマジェルカでありたいという気持ちはマジェルカの全員が持っていると自負しています。

 

 

 

 

コメントに返信