ストーリーテラー ~誰かの物語を誰かに伝えていく~

こんにちは、くどうです。

雨や曇りの日々、皆様いかがお過ごしですか?

さてさて。

数日前にマジェルカのHPに新しいページができたの、お気づきになりましたでしょうか?

リモートショッピングの詳しいご案内です。

スタッフすら気づかぬ超速スピードで藤本さんが作成してくださいました!

私の紹介も書いてくださっています。

 

先日、アートコミュニケータ仲間にzoomを通してマジェルカについて語る機会がありました。

実は人前で話すことがとにかく苦手・・・

マジェルカのことを上手に伝えられるか不安で、一杯ひっかけてから臨みました(こら!)

 

仲間の中にはマジェルカのことをよく知ってくれている方もいて、

こんな質問がありました。

「どうしてマジェルカのスタッフさんはみんな、あんなに接客が上手なの?」

「店員さんが、商品のこと、本当に丁寧に教えてくれてびっくりしたよ!覚えなきゃいけないの?」

などなど。

とにかく驚いている方多数。

 

マジェルカは、接客をとても大切にしています。

オーナーから、商品についても覚えようね、とは言われていますが

無理やり丸暗記をしているスタッフはいません。

どうやって覚えていくのか?というと、

スタッフはそれぞれ発注をしたり、写真を撮ったり加工したり、ウェブショップに掲載するなどして自然とそれぞれの事業所さんを覚えていきます。

それぞれの担当者さんのお名前や、お会いした方はお顔も自然と覚えますし

実際に作っている方たちが納品に来てくれたりもします。

事業所訪問もします。

作り手さんたちのこと、その事業所さんのことをどんどん知っていくと、

店頭で手に取られたお客様に、どうしても言いたくなっちゃう!のがマジェルカスタッフ。

私たちも届いた商品を見るだけでは「可愛いね」で終わってしまいますが

その向こうの作り手さんを思うと、いとおしい気持ちになる。

それを、お客様にも届けたい!と思うのでしょう、

自然にマジェルカみんながストーリーテラーになっていくのです。

・・・ということを、自分で喋りながら改めて感じました。

 

以下、仲間からの感想を少し。

★印象に残った言葉
「商品をただ売るのでなくなく、ストーリーも一緒に届ける」
店員さんはストーリーテラーの役割もしつつ、
モノ(商品)に物語を含めることで、コトも一緒に提供しているだなあと感じました。

★マジェルカの商品は、作る人とその伴走者の思いとストーリーが詰まったアート作品なんだなと思いました

 

泣けます。

今現在、以前オーナーのブログにもあった通り

コロナの影響でマジェルカではなかなか丁寧に商品についてのお話ができません。

これがまた・・・個人的に辛い!喋りたい!葛藤の日々です。

 

が!リモートショッピングであればたくさんお話ができます。商品について、お店について、たくさんお話ができます。

喋りたくてしょうがないスタッフ(私は特に・・・)のために・・・是非ともご利用くださいませ。

お友達とワイワイ参加でも歓迎です!〇〇ちゃんに似合いそう、とか、こっちの色がいいよーなんてお喋りしながらマジェルカにオンラインご来店も可能です。お待ちしております!

可愛いお店の外観からご案内いたします!(リモートショッピングでご案内中の写真です)

コメントに返信