銀座教文館にてフェア開催

今日、私は少しだけ気分がいいのです。

何故なら、今年のこの連日の猛暑の中、室内で留守番をしなければならない愛猫ネネのために買ってきた、まぁまぁごっついアルミ製の“ひんやりマット”(的な名前の代物)。

 

それは当のネネには見向きもされないまま、私の一方的な思いやりだけを載せて部屋の片隅にむなしく転がっていたのですが、今日はなんと!

ネネ様、とても正しく使って下さっていました!

意のままにしたいとは思いませんが、良かれと思ってした事が独りよがりでなく相手も良いと思ってくれるのは嬉しいですよね。

後ろに転がってる魚の人形は結局私の独りよがりでネネには受け入れてもらえず(たまに枕になってるけど)・・・

 

さて・・・

本日準備に赴いてきました。

明日8/12から銀座の教文館にてフェア開催です。

期日: 2020年8月12日(水)~ 2020年8月31日(月)まで
時間: 午前11時~午後7時(変更される場合がございます)
場所: 教文館4階エントランス
主催: 教文館

 

銀座の教文館さん、知っている方は知っていると思いますが、銀座松屋や銀座三越、そして銀座和光、ついでにアップルストアなどが立ち並ぶ、銀座の中でもど真ん中といえる銀座4丁目の100年以上歴史のある書店さん。

打ち合わせに訪問した際に、その建物の雰囲気に興味を持って聞くと、あのフランク・ロイド・ライトに師事したアントニン・レイモンド(私は知らないけど)が設計した歴史的建造物で、入り口の回転ドアは銀座で最古の回転ドアだそう。

そもそも教文館さんはキリスト教系の書店さんで、(1Fの路面店では雑誌など普通の書籍も扱ってます)今回マジェルカは4階の「エインカレム」というキリスト教グッズ(というジャンルが面白いかも)売り場の入り口スペースで展開させてもらいます。

私も今回の事があって初めてエレベーターで4階まで上がりましたが、ここエインカレムさん、結構面白いスペースです。

色んな雑貨が並んでいます。

キリスト教グッズっていっても色々あって他では見れない世界観が不思議楽しいです。

ガラスの十字架、綺麗でお洒落、買おうか悩みました。。。

 

天使グッズがたくさん!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窓の外、目の前は松屋銀座が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イスラエルやメキシコなどの国別コーナーも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか幸運呼びそうな?アクセサリーもたくさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お人形も色々

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すごく惹かれたコーナー

長崎、天草の隠れキリシタン関連グッズのデザインが可愛い!

とか言っていいのか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも可愛い!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長崎だけでなく各地のトラピストクッキーなどのお菓子が集まっているフェアが開催中!

面白かったですよ。

 

 

 

 

 

 

奥にはカフェもありますのでゆっくり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エインカレムさんの売り場にはこの他にも色々不思議面白いものがたくさん。

その入り口でマジェルカが展示しているわけですが、そのスペースとは別にギャラリースペースもあり、今は陶芸作家さんの作品展を開催中。

そしてまた今週末からはまた面白そうな作家さんの展示も予定されてるみたいなので勝手に紹介。

BLUE MESSENGERS 谷山由樹子 陶芸作品展

またまた、4階のエインカレムさんとは別フロアの6階は「こどもの本のみせナルニア国」って児童書が充実していてこんな素敵な展示もされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局マジェルカの売り場のPRというより教文館さんや他所の展示を伝える内容になってますが、今回は特にどこででも目にできる世界観やスペースではないのがとても興味深く感じて、皆さんにとって、マジェルカの今回の出店が、ふだん訪れる機会のない場所に訪れてみたり、普段触れる事のない世界に触れてみるというきっかけになるのは楽しいこと、吉祥寺のマジェルカに来るのとは違う楽しさや広がりを見つけるきっかけとなれたらそれはそれで面白いことかなと思ったりしたのでした。

 

暑い日が続きますが熱中症にお気をつけ、またコロナの感染対策をしっかりした上で無理のない範囲で遊びにいらしてくださればと思います。

コメントに返信