一般社団法人を設立しました

皆様に改めてのご報告です。

 

マジェルカは先日、非営利の

一般社団法人を設立いたしました。

 なぜ一般社団法人を設立したのか

それはなにより、2020年のコロナウイルスの影響による経営への打撃から、“このまま”事業を続けていくのには限界がある、という現実をつきつけられたからです。

それまでにも様々な苦労を乗り越えながら9年の間なんとか続けてきたマジェルカでしたが、その場所と活動に終止符を打つ選択を考えるのにコロナウイルスの影響は十分すぎるものでした。

それでも私たちはどうしても諦めきれませんでした。

その理由は二つあります。

まずひとつに、ウェルフェアトレードのパイオニアとして、マジェルカを2011年に設立して以来、その活動や商品に関心を持って応援してくださる方々が増え続けているという事実があるからです。(例えば ご来店者は年間約4万人、オンラインショップ訪問者は1日約2千人、インスタフォロワーは6千人弱にものぼります)

言い換えれば、マジェルカが進めてきたウェルフェアトレードを通じ、それだけ多くの方々に「障がいのある人たちが関わる製品」が持つ魅力に触れてもらえたということ。そして、それらの製品を通じて「障がいのある人たちが持つ力」を知ってもらえたり、「障がいのある人たちをより身近に感じて」もらえたということではないかと。

ほとんど何も無かった所にマジェルカが蒔いたウェルフェアトレードの小さな小さな種は、ゆっくりとですが着実に育っています。

ここまでの道のりは決して簡単ではありませんでしたが、それでもマジェルカがやってきた事が決して間違いでは無かったと私たちは胸を張って言うことができます。

そしてふたつめに、マジェルカが今後も福祉と社会双方に価値を生んでいけることを確信しているからです。

これまで大切に育て広めてきたウェルフェアトレードですが、その広がりは十分ではなく、社会と福祉の間で9年間活動してきた “私たちだからこそ” 見えていることや出来ることはまだまだたくさんあると感じています。販売活動を中心に行ってきた従来のマジェルカの活動の他にも本当はもっと取組めること、これから取り組みたいことがあるのです。

そして、悩んだ末に辿り着いた答えが、非営利法人の設立でした。

ビジネスとして雑貨製品の売り上げ利益に左右される従来の運営ではなく 、マジェルカの活動を支援して下さる方を増やし、その方々と一緒に事業を継続、発展させたい。

その仕組みとして、非営利の一般社団法人を新たに設立しました。

 どんなことをするの?

具体的なアプローチとしては、現在次のようなことを考えています。

(各項目はクリックで開きます)
「スタディーツアー」の実施
「勉強会」の開催
「イベント」の開催
福祉作業所・ショップ対象の「相談対応」と「エンパワメント」
ウェルフェアトレード製品のニーズ掘起しと発信

これらにとどまらず、ウェルフェアトレードを社会に広める為の様々な活動を行っていきます。

 マジェルカが目指す社会

「吉祥寺に来る電車の中で、大声で一人ごとを言っている障がいのある人を見かけ、(なんか近づきたくないな)とか(ちょっと怖いな)なんて思ってしまった人が、その足でたまたまマジェルカに訪れたことがきっかけで、障害のある人が持つ力を正しく知り、ほんの少しでも身近に感じて・・・・その結果、帰りの電車でまた障がいのある人を見かけた時に、彼や彼女の事を行きの時とはちょっと違う目で見られるようになるだけでも嬉しい。」

 

・・・私たちはそんなことを話しながら活動を続けています。

 

決して大きな変化を求めるのではなく、ほんの小さな気づきの種を社会にたくさんひろめていきたい。

 

・・・私たちはそんなことをずっと大事に活動してきました。

「混ぜる」という言葉から生まれた「マジェルカ」が目指すのは、障がいのある人ない人が、もっと普通にもっと気軽に関わり合える場所、あたりまえのように混ざり合ったインクルーシブな社会。

そんな様々な個性のヒトやモノが当たり前のように混ざり合い、互いに関わり合える社会こそ、その力を発揮できる豊かで健康的な社会のはず

 

ーーーマジェルカが設立当初からずっと変わらず抱き続けているそんな想いを今後もエネルギーに変え、社会に働きかけていきたいと思っています。

 そんなマジェルカを支えてください

一般社団法人マジェルカは、皆様からの支援を原動力として活動する“共助”のしくみ。“関わる方全てが笑顔になるしくみ”に育てていきたいと考えています。

是非、会員へのご加入やご寄付という形で、マジェルカの“これから”を支えて頂けませんか?

会員ご加入やご寄付はこちらから→

コメントに返信