オンラインスタディツアー第一回目をstudio coocaさんで行いました

マジェルカが「福祉作業所の”モノづくり”を通じて障がい者と社会をつなぐ事業」として、日本財団様から助成をして頂き、この度スタートした「障がいのある人たちのモノ作りを訪ねる作業所オンラインツアー」

その第一回面として昨日4/23(金)に神奈川県平塚市のスタジオクーカ(ギャラリークーカ&カフェ)さんを訪れました。

初めての試み、しかも第一回目ともあり、期待と不安だらけでのスタート。

出来るだけ多くの参加を募りたいとはいえ、作業所さんの活動時間で、となるとどうしても平日の日中という多くの人にとっては参加しにくい時間帯に肝心の参加者は集まってくれるのか?

それが、初回だし20人位参加してくれたら良し考えていたところ、なんと50人近くの参加者となりました!

多くの参加者が集まった事で、尚の事不安と緊張の中でスタートをした一回目のオンラインスタディツアーでした。

 

私(ふじもと)とスタッフのいとう二人で、新宿から湘南新宿ラインに乗り込み、平塚七夕祭りにまつわる若かりし頃の思い出話などをしていると、1時間足らずのあっという間に平塚駅に到着。

七夕まつりの提灯に出迎えられちょっとした旅行気分にも。

テンションも上がります。

 

平塚駅からアーケードの商店街をひたすら歩くと7分程で到着しました。

レトロなビルをリノベーションしたかっこいいギャラリークーカ&カフェ

一階がギャラリー&カフェで、2階が作業スペースとなっています。

 

せっかくお昼前に着いたので、こちらでランチを頂きながらツアーのセッティング&打ち合わせを行いたいと思います。

どうやら舞い上がっていたのか、素敵なカフェの様子やテーブルに届いたランチなど色々撮影したつもりだったのが何故か全く保存されておらず・・・(ご紹介出来ずすみません)

 

そうこうしているとあっという間にツアー開始の時間に。

 

今回はクーカスタッフさんが撮ってくれた開始前の準備の様子をご覧ください。

泥棒!(笑)

みんなソワソワしていたり、ちょっとしたいざこざ(⁉)も発生していたり、本番中にお届けしていたのとはまた違うリアルな様子が伝わってきます。

なによりもクーカの皆さんがこんなに一生懸命準備して下さった事に感謝です!

 

この後クーカさんの活動の様子を紹介するツアーが始まるのですが、実際に配信していたツアー最中の様子は、アーカイブ動画としてホームページ上などで今後配信予定ですのでそちらをお楽しみに!

 

今回のご参加者の中でも多かったのが学生の参加でした。

その中でも、ある大学の先生は講義の一環として十数人のゼミ生と共に参加してくださったのはスタディツアーの今後の可能性を感じさせてもらえました。

他にはお子様に障がいがあるという方も多く、また、作業所で活動しているという方々の参加も多くありました。

終わってみると多くの方が色々な意味で楽しんで頂けたと実感できたのは、今回トライしてみた我々にとっても嬉しいことでした。

ただ、楽しいだけではなく、スタディツアーの意義や今後の可能性を探るために、参加者の皆様にはアンケートをお願いしています。

まだ全てが返ってきてはいませんが、参加者の方からの感想やご意見を一部ご紹介いたします。

 

「なかなか行けない遠方の作業所を訪問できたこと。スタッフさんとメンバーさんの掛け合いも楽しかったです。参加者とのやり取りの時間も大切なお話がたくさん聞けて良い時間でした。」

 

「このコロナ禍で見学に行きたい所だがいけないので、その代わりにオンラインで行けて良かったです。 一人では行っても、何を質問して良いか分からない所代わりに色々お話を聞いてくださってるのを聞けたので参考になりました。」

 

「編集されていない、リアルな雰囲気を感じることが出来たところ。素敵な人柄を感じることが出来たところ。最後の質問タイムでそれぞれの方の気持ちや、大変だと感じるところなどが聞けたところです。」

 

「私も楽しませていただきましたが、オンラインであっても、クーカのみなさんが私たちの訪問をとても喜んで歓迎してくださっていたことが印象的でした。やはり人と人との出会い、交流が人を元気にするんだなと感じました。」

 

「授業などで学んでいた自分なりの印象としては、もっと支援者側が、支援!!という感じで関わっているのかなと思っていましたが、障がい者の方と支援者の方が対等というか、ラフに、言いたいとこを言いあえるような雰囲気で関わっているのだと気付きました。」

 

「今回、友達を誘って参加してよかったです!私は将来福祉系の職業に就きたいと考えているため、非常に勉強になりました。そして楽しかったです!ありがとうございました!」

 

そして私達マジェルカへのこんな応援コメントまで頂戴しました、感謝です!

「マジェルカさんが魅力的だと思うのは、こうして現場と無理なく、楽しくやりとりされてるからなんだなと皆さんの雰囲気が知れたのもまた嬉しかったです。 また緊急事態宣言も発令されて、運営も大変だと思いますが応援しています!」

 

そして、今回がスタディツアーの第一回目だったこともあり、音や画像、進行などに関して貴重なご意見も頂戴しました。

それらを活かして次回以降はさらに魅力的なコンテンツにしてお届け出来ればと考えています。

 

この度のスタディツアーにご参加下さった皆様、そして楽しい時間を提供してくださったクーカのみなさん、本当にありがとうございました!

(特にガイドを務めて下さったゆりさんには大感謝!)

今は外出するには難しい時期ですが、みなさんいつか是非クーカさんのカフェ&ギャラリーへ遊びに行って見てください。

また、楽しいクーカメンバーが見られるYou Tubeも配信しているのでよろしければそちらも是非チェックしてみてください!
https://www.youtube.com/user/kooka41516

 

次回スタディツアーは5月27日(木)に埼玉県の川口市にある「すいーつばたけ」さんを訪問します。

※上の画像から詳細&申し込みページ(外部リンク)へ飛べます。

ぜひ皆様ふるってご参加ください!

 

最後に、このスタディツアーはスタジオクーカさん、すいーつばたけさんの後も、京都、福岡、滋賀、東京での4回の開催を予定しています。

また、スタディツアーで障がいのある人たちと一緒にモノづくりをしている現場を社会へ発信するのとあわせ、各地を訪問するこれらの機会に、訪問先のその地域でモノづくりを行っている福祉作業所さんを支援するための研修・ワークショップの開催も予定しています。

上記の地域で自主製品づくりや販売などでお悩みを抱えている作業所さんであれば参加条件は特に無く無料で参加できます。

詳細は近日中にホームページなどで告知する予定で、各地域の作業所さんに対して色々な方面からご案内をして頂くよう働きかけていますが、ご興味のある作業所さんがあれば、マジェルカまで直接お問い合わせやお申込みを頂いても結構です。

これからも、たくさんの参加者の方々、作業所の方々とお会いできるのを楽しみにしています!

(ふじもと)

コメントに返信